リドヴォーでシャンパーニュ。

ちょっと珍しい病気になってしまったコピーライターの日記です。

がんは自分で治せる? 正直わからないけれど、希望だけはもらっておくぜ( `ー´)ノ

がんが自然に治った人、こんなにいるんだ

 

この年になると、身のまわりにも、

ちらほらとがんの経験者が増えてくる。

 

その中のひとりがFBにあげていたのがこの本。

 

ケリー・ターナー著・長田美穂訳「がんが自然に治る生き方」

サブタイトルは、「余命宣告から『劇的な寛解』に至った人たちが

実践している9つのこと」。

 

books.rakuten.co.jp

 

しかしこの本の真骨頂は、実は「訳者あとがき」にあると、私は思う。

長田美穂さんは、この本の翻訳を手がける前に

末期の乳がんと診断されていた。

実質的な余命宣告を受けた中で、

「がんを克服した事例」について文献を探しまくった結果見つけたのが、

ケリー・ターナーさんがカリフォルニア大学に提出したこの博士論文だったという。

 

長田さんは、こう記している。

「ここに登場する人々は、何をして治ったのか?

それを突き詰めると、『自分をどう変えたか』ということだった」

 

食事を変えるにせよ、サプリメントに頼るにせよ、

さまざまな代替療法を信じるにせよ、

結局、それは「人それぞれ」なんだと。

「自分の生き方」を手探りで探すことこそが、

病を克服するための最良のメソッドなのだと。

 

占いの結果との不思議な符号

 

私が胸腺腫の診断を受けて、藁にもすがる思いで易占を受けたとき、

占い師から授けられたのは「創生のくるしみ」という言葉だった。

 

そうか、ここにつながっていたのかもしれないな。

 

この本に登場する食事療法やメンタルケアは

参考になるところはたくさんあるけれど、

それをそのままなぞるのではなく、

自分なりにカスタマイズしていこう。

 

残念なことに、訳者の長田美穂さんは2015年、48歳で亡くなられていた。

彼女は最後にこう綴っている。

「もしこの本をずっと以前に読んで、

身体と心のあり方をちゃんと感じ取っていたら、

こんなことにはならなかっただろうと思った」

 

辛い言葉だが、残された私たちにはまだ時間がある。

自分の直感を大切に、今までの生き方や考え方を見直して

少しでも明るい方へ歩いて行こう。

 

 

 

 

 

 

病気だって、ネーミングが大切。コピーライターとして思ったこと。

「お~い お茶」はもともと「缶煎茶」というネーミングだった

 

コピーライターの仕事にはいろいろあって、ネーミングもその1つ。

ブランド名、商品名、会社名、サービスの名称などなど、

私も時々依頼を受けることがある。

 

何か商品を世の中に出そうというとき、

ネーミングの役割は非常に重要だ。

 

たとえば伊藤園の「お~い お茶」は、

当初「缶煎茶」という名前で発売されたがまったく売れず、

改名後に売り上げが10倍にも伸びたというのは、有名な話。

 

病名のインパクトは、かなり大きい

 

それはそうと、病気のネーミングも、患者にとってはかなり重要だ。

 

私が「胸腺腫」の疑いを指摘されたのは約1か月前のこと。

「ん?胸腺腫って、何???」というのが第一印象。

 

もしこれが「乳がんの疑い」だったら、「ついに来たか!」という感じだったかも。

若い頃から胸にしこりがあり、良性とはいわれていたものの、

いつかは悪性に転じるのではないかと覚悟していたし、

実際に罹患した友人を何人か知っていたから。

 

仮にこれが「膵臓がん」とか「肝臓がん」とかだったら、

比較にならないくらいショックを受けて落ち込んだだろう。

 

あとで調べてみたら、胸腺腫もがんの仲間だったわけだが、

「〇〇がん」なのか、「〇〇腫」なのかでインパクトは相当異なる。

少なくとも、それほど破壊力のあるネーミングでなかったのは幸いだった。

 

そんなわけで、告知されたもののなかなか深刻にならず、

じわじわとがん患者としての自覚を固めてきたこのひと月なのでありました。

 

がん患者として「このままでいいのか?」と考える日々

 

胸腺腫は進行が遅く、転移するケースもさほど多くないので、

比較的予後の良い病気といわれている。

ドクターにも、「手術は脇をちょっと切開するだけなので、

4~5日で退院できます。仕事復帰もすぐですよー」

とニコニコ言われたので、告知の段階では自分も楽観的だった。

しかし・・・

 

その後、同じ病気の患者さんのブログや、

患者会の症例の記録などを読んでみると、

結構深刻なケースが多々見られ、だんだん怖くなってきた。

 

私の場合、今のところ何の症状もなく元気だし、

普通に仕事をして家事をして、食べたいもの食べてお酒も飲んで、

という能天気な生活を続けているのだが、さすがに不安になってきた。

 

もっと生活を根本的に改善した方が良いのでは??

 

そんな不安にかられて読んでみたのがこの本。

books.rakuten.co.jp

ケーリー・ターナー著「がんが自然に治る生き方」

サブタイトルは、「余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが

実践している9つのこと。

 

続きます!

 

今夜のビーフシチュー、焼きたてのバゲットとともに

f:id:kgrapevine:20191206181555j:plain

駒込界隈でいちばん好きなパン屋さん。
焼きたてバゲットは幸せの香り

 

炊きたてごはんの匂いも捨てがたいけれど、

やはり一番しあわせ感にあふれているのは、

焼きたてのパンの香りでしょう!

 

最近は小麦食のデメリットが盛んに言われているせいもあり、

なるべくごはんや蕎麦、雑穀を摂るようにしているのだが、

寒い夜、シチューのお供には焼きたてのバゲットが欲しくなる。

 

今日も仕事の合間にビーフシチューを仕込み、

最近お気に入りのパン屋さんへと急いだ。

我が家から徒歩20分余り。

その途上にはほかにも3軒のパン屋さんがあるのだが、

私は「CHAMONIX(シャモニー)」を目指す。

代々木上原あたりにありそうな、シックで洒落た店構え。

ここのバゲットとパンドミーは絶品なのだ!

 

不安や悲しみでいっぱいの日々にも、つかの間の幸せと平和が

 

パンの香りで思い出すのは、木皿泉の小説「昨夜のカレー、明日のパン」。

主人公のテツコが、深刻な病で死期の近い夫、一樹の病院から

義父と並んでとぼとぼと帰る夜道、ふとパンのいい匂いに気づく。

パチパチはぜて湯気が出ているパンを湯たんぽがわりに抱えながら、

「不安と悲しみで一杯の日々にも、つかの間の幸せや平和があること」

を実感するこのシーンが、今の私にはしみじみと響く。

 

焼きたてパンの香りは幸せの象徴。

病気のことを考えてふっと不安になったり

落ち込んだりするとき、

いい香りやおいしいもの、きれいなものに

救われることがあるんだ。

「すごいニオイ」#ジェットウォッシャー「ドルツ」


by パナソニック×はてなブログ特別お題キャンペーン

年末恒例の喪中はがきを見て、まだまだ死んでる場合じゃないぞーと自分に喝を入れる師走の一日

筆力高めの闘病ブログにやられてしまい・・・

 

昨日は久しぶりに、一日中うつうつとしていた。

きっかけは、ある闘病ブログをうっかり読んでしまったこと。

 

スキルス性の胃がんで夫を亡くした女性の日記だったが、

たまたま目に入ったのが、壮絶な最後の日を描いた内容だった。

しかしこの方、文章力、表現力、描写力が高いため変に引き込まれてしまう。

おかげでまんまと、感情を持って行かれてしまったというわけ。

 

がんと一口に言っても実に多種多様で、症状も進行も治療法もさまざま。

もちろん、寛解する方もいれば、死に至る方もいる。

痛みや苦しみも人それぞれだろう。

ただ、看取る方のトラウマになるような

壮絶な最期を遂げる方もいると聞く。

 

多発性骨髄腫という血液のがんにかかったカメラマン、

幡野広志さんはブログの中で

「その可能性が高いなら、スイスでの安楽死を選ぶ」と書いている。

 

がんにかかることで人は試される?

 

がんという病気は、罹患した本人はもちろん、

周りの人たちをも試すところがある。

幡野さんも、告知をきっかけに実のお母さんと距離を置くことにしたそうだ。

(自分の息子が“治る見込みのないがん”を告知されたときの

お母さんの態度は、かなりひどい)

 

実は私も、昔から母との間にはもやもやとした感情を抱え続けてきた。

病気の発覚をきっかけに、一度は消化したつもりだった感情を

反芻してしまうことがあり、そのたびに憂鬱な気分になってしまう。

 

そんな私の錨になっているのは、やはり娘の存在。

母として、というよりも人として、

凜とした生きざま(もしくは死にざま)を見せたいという見栄にも似た何かが、

淡々と日常をこなすための抑止力になっているような気がする。

 

さて、12月。

今年もちらほらと、喪中はがきが届き始めた。

亡くなったのは、概ね私たちの親世代。

まだまだ死んでる場合じゃないぞ!と、自分に喝を入れる。

 

イケメン欠乏気味の朝ドラ「スカーレット」がじわじわと気持ちよくなってきたワケを肉的視点から考察する

今週のお題「いい肉」

f:id:kgrapevine:20191130141202j:plain

最近食べた美味しい肉料理の手持ち画像を探したら、9月までさかのぼってしまった。
週に何回、お肉を食べる?

 

肉料理の王様といえば、ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉?

皆さんは、週に何回位牛肉を食べますか?

 

我が家ではせいぜい週に1度、下手すると2週間に1回くらい。

 

ちなみに、昭和ど真ん中世代の私にとって

最大のご馳走といえば「ビーフステーキ」なんですが、

さすがに毎日食べたいとは思わないですよね。

年を取ってきたせいもあり、日々の食卓に上るのは、

豚バラや鶏モモ、胸肉、お魚、野菜などちまちまとバランスよく。

それがちょうどいい感じ。

 

なつぞら」は肉オンパレードのドラマだったけど

 

そこで、朝ドラのお話。

現在放映中の「スカーレット」、とにかくイケメンが少ない。

一応、朝のルーティンとして観賞しつつも、「目がヒマだな~」とぼやいていた私。

溝端淳平とか林遣都とかは出て来たけど、個人的に好みじゃない←何様?)

最近登場した十代田役の松下恍平さんも、ビジュアル的にはかなり地味です。

 

それに対して前回の「なつぞら」は、まさにイケメンのオンパレード。

来る日も来る日も、サーロインステーキ(草刈正雄)、

ヒレカツ藤木直人)、ローストビーフ(岡田将輝)、

極上黒毛和牛のシャトーブリアン吉沢亮)、

極上仔羊のロースト(中川大志)などなど、

肉汁たっぷりのメインディッシュが勢ぞろいという感じだった。

確かに眼福ではあったけど、画面にまるでリアリティがなかったもんなー。

 

そんなわけで、せいぜい肉じゃがというか、肉野菜炒めというか、

お総菜レベルのキャスティング(失礼、いい意味で)で

日々紡がれる「スカーレット」は、かえってじんわりと味わい深い、

飽きのこないドラマになっているのではないかと思う次第なのでした。

イッセー尾形のフカ先生が、良い出汁を効かせてくれていたし。

さて、これから、どんなメインディッシュが出てくるのでしょうね。

 

 

紅葉を眺めつつ甘酒、そして「はちみつシナモン」

f:id:kgrapevine:20191129105443j:plain

11月28日、雨上がりの六義園


今週のお題「紅葉」

六義園の紅葉は日に日に鮮やかに

 

これは昨日の夕方、雨上がりの六義園の紅葉。

前日よりもさらに色鮮やかで、

茶屋で熱い甘酒をすすりながら眺めていると、

しみじみ幸せな気持ちになったんだ。

 

そこで今日は、「食の楽しみ」について。

 

エドガー・ケイシーにちょっぴり感化されて
 

病気が発覚して間もなくの頃、

「THE READING リーディング

エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋」という映画を観た。

 

エドガー・ケイシーは、ウィキペディアによれば「予言者・心霊診断家」。

1877年にアメリカで生まれ、20代半ばから不思議な能力を発揮。

催眠状態で、主に病気の人の肉体を透視し、診断や治療法のアドバイスなどを行った。

これは「リーディング」と呼ばれ、ホリスティック医学の原点ともいわれている。

 

エドガー・ケイシー療法でもっとも有名なのが「ひまし油湿布」。

お腹や患部にひまし油をたっぷり含ませた布を巻き、温熱器で温める。

体内の毒素を排出し、腫瘍などを小さくする働きがあるのだとか。

 

肉も大豆もダメ??私にはムリ!

 

また、ケイシー療法では食事に関してもさまざまな制限があり、

牛肉や豚肉は食べない、揚げ物もダメ、

炭水化物を控えて葉物野菜を積極的に食べる、などなど。

ちょっと意外なのは、ナス科の野菜、たとえばトマトも

あまり良くない食物として挙げられている。

あと、納豆や味噌などの大豆製品も。

 

なにごとにもすぐ感化される私は、

さっそくamazonでひまし油の大袋、ヒートパッドなどを購入したのだが、

なかなか面倒で、未だに段ボールのまま放置。

意識してクレソン、ベビーリーフ、セロリ、レタスなどを

ぱりぱり食べたりはしているものの、基本的な食生活はやはり変わらない。

1~2日おきにはワイン、飲み会にもしっかり参加している。

 

体のためとはいえ、「あれは食べちゃダメ、お酒もNG」みたいな生活は、

やはり自分向きじゃないんだなあ。

 

気休めかもしれないけど、“はちみつシナモン”始めました

 

というわけで、お手軽な健康法として最近始めたのが、

“はちみつシナモン”。

朝と晩、たっぷりのシナモンをマヌカハニーで練り練りして、

お湯を注いだものをカップに1杯いただくだけ。

美味しいし、小腹を満たす効果もあるし、

何よりあったまるので、少なくとも風邪の予防にはなるはず。

 

anotherlife.bz

 

食べることは人生の楽しみ。

無理をせず、羽目を外さず、くらいがちょうどいい。

今年の紅葉がひときわ美しく見える、あくまでも個人的な理由

f:id:kgrapevine:20191127094203j:plain

六義園・昼間の紅葉


今週のお題「紅葉」

 

物事には2つの面がある。
1つは「良い面」、もう1つは「それほど悪くない面」だ。

 

病気が発覚してすぐの頃に読み返した、

村上春樹の「1Q84」に登場する

変わり者の編集者の口癖が、冒頭の一文。

まあ、シニカルな楽観主義というか、

村上春樹らしい一節なのだが、

私にとって、ちょっとした心の支えになった。

 

病気になって良かったこと。

それは、あらゆることの“有難さ”を実感できたこと。

たとえば、紅葉がしみじみ美しく見えること。

 

六義園の紅葉が輝いて見えるわけ

 

山手線地味な駅ランキングの上位にくるであろう、駒込駅

「この街に住んで良かったな~」と思うことはそれほど多くないけれど、

六義園の存在はしみじみ有り難い。

特にこの紅葉の時期、園内は日毎に鮮やかさを増して、

うっそうとした樹々から降り注ぐ

フィトンチッドを全身に浴びることができる。

f:id:kgrapevine:20191127094631j:plain

ライトアップされた水香江(すいこうのえ)


 

4回で元が取れる年間フリーパス

 

入園料は大人300円だが、年間フリーパス1200円は実にスグレモノ!

1年前に作って先週更新したのだが、

週に3~4回は通っているので、元を取るどころか

申し訳ないほどお得な気分。

しかも、この時期はチケット売り場に長い列ができることもあるが、

フリーパスを持っていれば並ばずに入れるのがまたうれしい。

11月20日から始まったライトアップもなかなか幻想的だけど、

私はやっぱり、自然の太陽の下で見る紅葉が好きだな。

 

f:id:kgrapevine:20191127094734j:plain

幻想的な夜の六義園
来年はマイルを貯めて紅葉巡り?

 

そうそう、病気になって「それほど悪くない面」といえば、

治療費のカード払いでマイルがどんどん貯まること(笑)

これで来年は紅葉巡りの旅でもしようかな。

 

ちなみに、「全国の紅葉名所ランキング」で、六義園は3位!

1位は滋賀県高島市メタセコイア並木の紅葉」だそうです。

 

koyo.walkerplus.com